春のゆふべ

汀ににほふ糸桜、

うつる姿のやさしきに、

駒の手綱もゆるみては、

小草をあさる黒かげの、

たてがみかろき春の風。

 

手折りて君か給ひたる、

色香にたへなるこの枝の、

上ふく風に二三ひら、

長きみ袖にちりかゝる、

花の心もなつかしや。

 

雲になりゆく花のかげ、

みかへる君も朧ろにて、

香おくる風の床しくも、

たれの胸より立ち初めし

長き思ひもなびかせて。

 

山川登美子

「新声」第1編第4号 所収

1899

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください