水底の感

水の底、水の底。住まば水の底。深き契り、深く沈めて、

永く住まん、君と我。

黑髪の、長き亂れ。藻屑もつれて、ゆるく漾ふ。夢なら

ぬ夢の命か。暗からぬ暗きあたり。

うれし水底。淸き吾等に、譏り遠く憂ひ透らず。有耶無

耶の心ゆらぎて、愛の影、ほの見ゆ。

 

夏目漱石

寺田寅彦宛の端書より

1904

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください