その夜は小雨が降っていた。私は喘息の咳

が止まらなかった。その明け方、<夢>を見

た。「幸ちゃん立派になったね。」と私の胸

をなでながら母が言った。久しぶりの母の声

だった。

 ふと目を覚ますと、母は舌が喉に落ちこみ

息ができずにもがいていた。慌てて母の体を

揺する。息を吹き返す。体位を変えると母は

気持ちよさそうに息をした。「もうゆっくり

お休みよ」私が母をあやし、さっきの夢の中

の母の声がやがて子守唄のように私を眠らせ、

私の腕の中の母自身も深く深く眠る。

 私と母の魂をつなげて、戸外の雨は風にな

がれ静かに降りそそぎ、夢のつづきではまた

「幸ちゃん私のことはもうよかよ。」と母が言

った。慌てて飛び起き、母のかすかな息を注

意深く確かめる。

 

藤川幸之助

ライスカレーと母と海」所収

2004

One comment on “

  1. 「声」は藤川幸之助さんの許諾をいただいた上で掲載しております。
    無断転載は厳禁です。

    この詩を読んで興味を持たれた方は是非下記のサイトも参照ください。

    作者ホームページ
    http://www.k-fujikawa.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください