大事な何が

新しく一年生になる子らが
自分で自分の雑巾を縫うことより
大事な何が人生にあるだろうか

泣きべそをかいて
子が途中で投げ出したくなったとき
やめる勇気も時には必要だけれど
いまやめたら中途半端なことしかできない子になるよと
親が真剣な顔で諭すほど大事な何が

光は中庭に降り注ぎ
昼過ぎまで降っていた雨が去っても
ここに降り注いでまだ消え去らないものを
誰も忘れないあいだ

一枚の雑巾が
その子の手に握られた針と
針穴を通した糸とでついに縫われたことより
大事な何がこの世の中にあるだろうか

               二〇一三・三 いわきにて

白井明大
生きようと生きるほうへ」所収
2015

2 comments on “大事な何が

  1. 「大事な何が」は白井様の許諾をいただいた上で掲載しております。無断転載はご遠慮ください。

    この詩を読んで興味を持たれた方は下記もぜひ!

    白井明大ツイッター
    @shirai_poem_bot

    白井明大ホームページ 「無名小説」
    http://www.mumeisyousetu.com/

  2. 大事なのは大切な家族ゎ大切にして、自分の夢に向かって諦めないこと。諦めたら後悔がやって来る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください